こつこつセミリタイアを目指すブログ

こつこつセミリタイアを目指すブログ

こつこつサラリーマンからセミリタイアを目指すブログです。

セミリタイアを目指す意義

f:id:kotukotu110:20191214015055j:image

どもども!

こつこつです🙋‍♂️

 

なんと、そろそろこのブログの開始してから100記事まで残り3記事なんですね✨

日々の残業等にも負けずに、ほぼ毎日更新をし続けてました。立派になったもんだ😢

 

そんなこんなで、そろそろ改めて振り返り的な記事もよいかなと思いました!

セミリタイアを志した振り返り記事です!

 

 なぜ、こつこつはセミリタイアを目指したのか?

 

結論、会社員として出世することに幸せな未来を見いだせなかったからです。

あと、一般的な幸せっぽいものも、背負うだけの丹力もないなと思いました🤔

 

確信に変わった日から元々は、ブログを自分の考え方の整理と感情の言語化を行うために開始したのがこのブログの始まりです。

 

一般的な幸せを実現して、継続し続けることができるって、すごいことだと思いますよ。本当に心の底から尊敬します。ぼくには、無理です😨

 

収入が爆下がりしても、雨風しのげる場所があってある程度の食生活ができて、幸せを実感できる程度のお金があれば結婚できなかったりマイホームが持てなくても構いません。

 

12万円程度あれば、実現できるのではないかと家計簿をつけて固定費を下げ続けて思いました。それなら、正社員で出世を目指す必要ってないと思っています。

 

覚悟と実現可能かどうかの測定ができたからだと思います。

要するに、なんだかんだで、能力の限界を感じたからです。

 

会社員で働くこと

中間管理職な立場までは、周囲の支えもたくさんいただいてなりましたし、様々な経験を経て組織で働く会社員としての仕事の魅力も理解しています。

 

でも、一方で組織で働くことのデメリットも10年以上、組織で働いていて痛いほど理解しました。

いえ、もしかしたら実際には、働き始めてから1年目から十分に理解していたようにも思います。

 

きっと、今すでに会社員として働いていて息苦しさを感じている方も、多いのではないかと思います。

1年目には1年目の不条理がありますし、

先輩社員になって後輩を持てば、別の不条理があります。出世して部下を持てば別の不条理があります。

 

出世することで、確かに金銭的には豊かになれるかもしれません。

でも、一方で犠牲にすることも多いです。

時間もそうですし、精神的な負荷もそうです。

会社員って安定しているようで、してないかな?

と会社員を続けて10年以上経過して全力で考えるようになったからです。

 

これは、個人の価値観であって、会社員としての仕事に価値を見いだせる方であれば、

すごく幸せなことですし、目標に向かって日々を過ごすことは立派なことです☺️

 

 

ストレスから逃げてはいけないのか?

辛いなら逃げたらいいと思ってるんです。責任から、逃れるために全力で頑張る。一方で、自分の幸せは、諦めない。そんな生き方も、わがままであっても、他人に迷惑をかけないなら、それも、大人の責任の果たし方だと思います。

何のために生きているか?と考えると幸せな人生を実現するために生きているのであって、世間の評価のために生きている訳ではないと思うんです。

 

この考え方に至るまでは、いざという時のに転職できるスキルをつけて、役職を挙げて・・・履歴書に傷がつかないように・・・とずっと考えていました。

※勤務している間は職責を全うします。

※あと、最低3年は、資産所得の減産の獲得のために会社員は続けることになると試算しています。

 

でも、会社員として生きていくことだけが生きる道ではないです。

何も、ブログで食べていく!とかそんなことを言っている訳でも、資産収入だけで生きていく!ということを言うつもりもないです。

 

でも固定費を下げることができれば、生き方の選択肢が変わることも腑に落ちたからだと思っています。

腑に落ちたら意識が変わって行動やお金の使い方が変わりました🔥

結果、生きることに必要なお金って、価値観が変われば爆下がりすることが分かりました。

 

正直、セミリタイアを選択肢に入れることができるようになって、会社員として生きながらも、今までよりも楽しく生きることができるようになりました。

 

まとめ

世間の価値観に縛られることなく、自分の幸せを追求することを諦めることなく生きていきたいなと思いました。

 

誰のために生きて、何のために生きるのか?

もしかしたら、この記事自体も考え方が浅い記事だなぁ!と思う方も割といらっしゃるかもしれませんが、それもまた、どっちでもいいかなと思っています。

浅い考え方だったとしても、ぼくにとっての幸せな生き方や考え方なら正解だと思っています。

 

本日は、いつも以上に戯言な記事をお読みいただきありがとうございました🙇